起きたい時間に目覚ましを使わずに起きる方法

ぐっすりと安眠した上に、目覚まし時計を使うことなくあなたが起きたいと思った時間に起きる方法があったとしたらどうしますか。

実はあなたが起きたいと思った時間に気持ちよく目を覚ます方法があるのです。方法の名前を自己覚醒といいます。

この自己覚醒は難しいことをするでもなく、特別なトレーニングが必要なわけでもありません。少し専門的な言葉が出てきますがあまり気にせずに読んでください。

副腎皮質刺激ホルモンは、睡眠の前半には分泌が少なく、目覚めが近くなると血中濃度が高くなるというリズムがあります。このホルモンは、全身の細胞を活性化し、ストレスに耐える役目があり、心身が目覚める準備をしてくれます。

朝早くに強制的に起こされると、副腎皮質刺激ホルモンの血中濃度は、目覚めるまで変化なく、目覚めた直後に急激に上昇します。一方、自己覚醒できたときには、目覚める約1時間前から緩やかに上昇します。これは、目覚めるべき時刻には、目覚める準備が既にできている、ということです。

脳の血流量の変化にも、違いがあります。自己覚醒できた時には、覚醒15分前から覚醒に向けて、右前頭葉領域に緩やかな脳血流量の増加が見られました。しかし、自己覚醒に失敗したときには、覚醒前の脳血流量の変化はありませんでした。

では具体的な自己覚醒の方法ですが、眠る前に、目覚めたい時間を強く意識するだけで良いのです。ちょっと簡単すぎてあなたは驚いているかも知れませんが、朝起きたい時間を心の中で強く3回念じてから眠りについてください。枕やブトンにお願いしても良いですよ。

安眠できるトゥルースリーパー プレミアム

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。